名古屋市/ 壁紙張替えの注意点

2018年3月8日|カテゴリー「内装リフォーム
名古屋市内のマンションリフォームでは、床の張替えが終わり、壁紙張替えへと移行しています。

リフォームの場合は、既存の壁紙を剥がした状況を見て、判断しないといけないことがあります。
それは、下地の状況です。


壁紙は厚みの薄い材料です。
どんなに職人さんが丁寧に貼ったとしても、下地が悪いときれいな仕上がりにはなりません。
職人さんは「下地が悪い」と表現しますが、それはどんな状況なのかをご紹介します。



壁紙張替えBEFORE
壁紙の張替え前の様子
壁紙下地が悪い
既存の壁紙を剥がした様子


マンションなので、コンクリートに壁紙が直貼りしてありました。
剥がし終わった後の下地は、凸凹しています。

壁がまだら模様に見えていますが、全体的に凹凸が出ました。



新しく壁紙を貼る時には、パテ処理といって下地の凹凸を消す処理をおこないます。
凹凸の面積が大きい場合、「下地が悪い」と呼び、それに見合った壁紙を選びなおすことも必要になります。





下地の影響を受けにくのは、表情がつるっとした壁紙ではなく、ごわごわした厚みのある壁紙です。
色や柄を優先に選定しがちですが、そのような点にも配慮が必要です







暮らしを遊ぶ。これからの趣味は「家時間」
新築、建て替え、リフォーム、オーダーキッチンは、遊建築工房へ


遊建築工房
フリーダイヤル: 0120-799-878  (※機種によってフリーダイヤルをご利用いただけない場合あり)
TEL: 052-883-8854 /FAX:052-883-8864(24時間受付)
営業時間:8:00~19:00
主な施工エリア:名古屋市緑区・名古屋市内・日進市・刈谷市・大府市・東海市・知多市・阿久比町ほか