名古屋市 /コロニアルの屋根塗装

2018年2月14日|カテゴリー「外装リフォーム
名古屋市緑区の外壁塗装リフォームは、まず屋根の塗装からスタートしております。
屋根材が瓦の場合は塗装の必要がないことが多く、コロニアルはメンテナンスが必要です。
建築時の初期費用を抑えるために、屋根はコロニアルを採用されている家が多いようです。


屋根塗装は、外壁塗装と通常 同時期に行います。
職人さんが作業するための足場にも、費用がかかるためです。


屋根材コロニアルの塗装
屋根材 コロニアルの塗装
屋根材コロニアルの塗装2
高圧洗浄で汚れや苔を洗い流します。

その後、仕上げ塗装を2回塗り。



屋根材であるコロニアルは経年劣化します。
紫外線や雨などの自然現象の影響により、塗料の膜が薄くなることで、住まい手の実感としては、「屋根の色が薄くなった・・・」と気づくことでしょう。
塗膜が薄くなると撥水性がなくなるため、屋根材の裏に水が浸入しやすくなります。
家を長持ちさせるための、屋根材コロニアルの塗装が必要なんですね。


新築の場合、屋根材を何にするか?はよくよく考えたいものです。
瓦、ガルバ二ウム鋼板、コロニアル・・・・
それぞれのメリット、デメリットを知った上で、選択していくことをおススメします






暮らしを遊ぶ。これからの趣味は「家時間」
新築、建て替え、リフォーム、オーダーキッチンは、遊建築工房へ


遊建築工房
フリーダイヤル: 0120-799-878  (※機種によってフリーダイヤルをご利用いただけない場合あり)
TEL: 052-883-8854 /FAX:052-883-8864(24時間受付)
営業時間:8:00~19:00
主な施工エリア:名古屋市緑区・名古屋市内・日進市・刈谷市・大府市・東海市・知多市・阿久比町ほか