名古屋戸建 20年目の外壁相談の事例紹介。塗り替えでカバーできるか?

2019年4月22日|カテゴリー「外装リフォーム
名古屋市緑区の一軒家の外装リフォーム相談事例です。
外壁や屋根の塗装、外壁の継ぎ目のコーキングの打ち替えなど、メンテナンスが必要な材質であると多くの場合10年から15年のサイクルでその時期がやって来ます。
メンテナンスはただ見た目をきれいにするだけでなく、実はもっと大切なことがあります。
水が家の構造材の方へ侵入するのを塗膜などで防ぐ役割があるのです。




外装リフォーム相談
外壁材はサイディングを使っていました。
したがってサイディングの継ぎ目は、コーキングで処理されています。




コーキングのヒビ
こちらが継ぎ目のコーキング。
劣化が進んでいるので、打ち替えとなりそうです。


屋根は瓦ですので、瓦のズレや割れがない限り、手を加えなくても大丈夫です。

築25年が経ちましたが、その間 外壁塗装などはしていませんでした。
両隣に民家が隣接していることもあり紫外線劣化も月日の経過の割には進んでおらず、
こちらのお宅の場合外壁塗装でも修繕できる劣化具合だと判断しました。

外壁塗装で修繕できない劣化の場合、外壁材の張替工事をする必要が出てきます。






新居購入から10年、15年というと、お子さんが高校や大学へ行く時期と重なり、
なかなか家のメンテナンスまで手が回らなかった・・・
よくお聞きするお話です。


ありのままお話していただけると、リフォーム方法をご提案できます。
ぜひご相談ください





暮らしを遊ぶ。これからの趣味は「家時間」
新築、建て替え、リフォーム、オーダーキッチンは、遊建築工房へ


遊建築工房
フリーダイヤル: 0120-799-878  (※機種によってフリーダイヤルをご利用いただけない場合あり)
TEL: 052-883-8854 /FAX:052-883-8864(24時間受付)
営業時間:8:00~19:00
主な施工エリア:名古屋市緑区・名古屋市内・日進市・刈谷市・大府市・東海市・知多市・阿久比町ほか