築30年以上の家 「もう少しこの家に住みたい」と願う |名古屋市緑区の戸建てリフォーム

2019年11月7日|カテゴリー「外装リフォーム
名古屋市緑区にて、築年数が30年を過ぎた戸建てのリフォーム相談がありました。
この築年数ですと、建替えという選択もあるでしょう。
一方でリフォームをしてこの家に住み続けたいと願う方もいらっしゃいます。
ご高齢の方であると、建替えというのはなかなかハードルが高く、あと10年・~15年ほど家が持てば良いから・・ということで、最小限のリフォームをすることもあります。





屋根リフォームBEFORE
屋根

増築部の屋根は瓦でしたので、瓦の割れ・ズレなどないようで、ここは手を付けずそのままで良さそうです。

母屋の屋根は、コロニアル材という材質であり、30年以上のノーメンテナンスなので、屋根塗装ではカバーしきれない屋根材の劣化がありました。
こういう場合、新しい屋根を新しくかぶせます。


窓リフォームBEFORE

木枠の窓ガラス + 木の雨戸です。
枠が沈んでいると思うのですが、窓の開閉がスムーズに出来なくなりました。
雨戸は開閉すらできません。

こちらは、アルミ枠の窓とアルミの雨戸に交換が必要です。





リフォーム箇所は家の外装まわりを中心にご提案しました。
必要最小限のリフォームを希望されていますので、雨漏りをさせないことが最優先となります。








暮らしを遊ぶ。これからの趣味は「家時間」
新築、建て替え、リフォーム、オーダーキッチンは、遊建築工房へ


遊建築工房
フリーダイヤル: 0120-799-878  (※機種によってフリーダイヤルをご利用いただけない場合あり)
TEL: 052-883-8854 /FAX:052-883-8864(24時間受付)
営業時間:8:00~19:00
主な施工エリア:名古屋市緑区・名古屋市内・日進市・刈谷市・大府市・東海市・知多市・阿久比町ほか