屋根の部品が欠損したので、部分補修をしないといけない|屋根のリフォーム相談

2019年12月3日|カテゴリー「外装リフォーム
屋根の補修相談が寄せられました。
下から見ても屋根部材の欠損が確認できるというので、現場確認に行ってきました。
屋根に上ることは一般の方はお控えください。
我々専門の者が現場確認をし、状況を写真でご確認いただけます。



屋根部材の欠損
屋根部材の欠損2
欠損している部材は、専門用語で「棟(むね)板金」と呼びます。
屋根面と屋根面のつなぎ目部分に使われている板金です。
こちらの事例の場合、棟板金の欠損箇所は1か所で、長さにして1.8メートルくらいです。

修繕リフォームの案はベスト案と、ベター案とあります。
ご要望や予算に合った方でご検討ただけると思います。










暮らしを遊ぶ。これからの趣味は「家時間」
新築、建て替え、リフォーム、オーダーキッチンは、遊建築工房へ


遊建築工房
フリーダイヤル: 0120-799-878  (※機種によってフリーダイヤルをご利用いただけない場合あり)
TEL: 052-883-8854 /FAX:052-883-8864(24時間受付)
営業時間:8:00~19:00
主な施工エリア:名古屋市緑区・名古屋市内・日進市・刈谷市・大府市・東海市・知多市・阿久比町ほか