瓦屋根の漆喰(しっくい)を補修 |東海市の外壁・屋根リフォーム

2020年10月14日|カテゴリー「外装リフォーム
東海市の戸建住宅にて外壁塗装のご用命をいただきました。
外壁塗装では作業足場がかけられますから、普段は見ることの難しい屋根の状況などもこの際しっかり調べておきます。

屋根の場合は、メンテナンスと言われても何をどうメンテナンスするのか知らない方も多いです。
数十年前に建築された家屋ですと、瓦は「土葺き工法」で施工されています。
その場合、漆喰が経年劣化をしていないか確かめる必要があります。






before
瓦屋根の漆喰 修繕
「土葺き工法」とは・・・

瓦のガタつきを抑えるために、瓦の下に土が敷いてあります。 さらに土のままだと水分を通すので、土の上から漆喰を施工し屋根の接着と防水とする、昔の瓦の施工法です。

漆喰(しっくい)のヒビ割れ、欠損=劣化という判断になりました。






horizontal
after
瓦屋根の漆喰 修繕
漆喰の劣化は雨漏りの原因になります。

劣化した漆喰を剥がして、新しい漆喰を施工しました。
屋根瓦の漆喰

瓦屋根の漆喰 施工の様子

こうした昔ながらの施工の修繕も、自社ならベテランの職人によって可能です。









暮らしを遊ぶ。これからの趣味は「家時間」
新築、建て替え、リフォーム、オーダーキッチンは、遊建築工房へ


遊建築工房
フリーダイヤル: 0120-799-878  (※機種によってフリーダイヤルをご利用いただけない場合あり)
TEL: 052-883-8854 /FAX:052-883-8864(24時間受付)
営業時間:8:00~19:00
主な施工エリア:名古屋市緑区・名古屋市内・日進市・刈谷市・大府市・東海市・知多市・阿久比町ほか