ノーメンテナンスで屋根が劣化。カバー工法でリフォーム|名古屋市戸建の屋根リフォーム

2020年2月5日|カテゴリー「外装リフォーム
名古屋市緑区にて屋根リフォームが行われています。
長い間 メンテナンスをしてこなかったという事で、コロニアルという材質の屋根材はひどく劣化していました。


コロニアルの屋根材の劣化
コロニアルの屋根材は本来の色を失い、材質が水を含みやすい状態になりカビが発生しています。








この場合どのようなリフォーム方法が考えられますか?

屋根材の劣化が進んでいますので、新しい屋根を葺く必要があります。
既存の屋根材を撤去して新しい屋根材を葺く方法と、既存の屋根を残したままで、新しい屋根材で覆ってしまう「カバー工法」という修繕策が考えられます。




屋根カバー工法の様子
カバー工法で新しい屋根で覆う方法を選択
画像:防水シートで下地作り

「カバー工法」の方が屋根材の撤去をしなくて良い分、費用面では安く抑えられます。
ただし既存屋根の材質や屋根の形状によって、カバー工法が出来ない場合もあります。




屋根リフォーム費用の比較
・屋根塗装のメンテナンスの場合 25万円ほど(足場代別途)
・屋根カバー工法での屋根葺き替えの場合 75万円ほど(足場代別途)

※屋根の面積により費用は異なりますが、塗装と葺き替えでは3倍ほど費用が違います。






コロニアルという屋根材の場合は、サイディングの外壁塗装を10年~15年で推奨しているように、同じようなサイクルで塗装メンテナンスが必要です。
メンテナンスをせずずっと放置していると、コロニアルが劣化し強度を保てなくなる、雨漏りが起きるなどの現象がおきてしまいます。





工事完了の様子

屋根カバー工法



暮らしを遊ぶ。これからの趣味は「家時間」
新築、建て替え、リフォーム、オーダーキッチンは、遊建築工房へ


遊建築工房
フリーダイヤル: 0120-799-878  (※機種によってフリーダイヤルをご利用いただけない場合あり)
TEL: 052-883-8854 /FAX:052-883-8864(24時間受付)
営業時間:8:00~19:00
主な施工エリア:名古屋市緑区・名古屋市内・日進市・刈谷市・大府市・東海市・知多市・阿久比町ほか